古くても買い取れるトラックの買取事情

10トンから20トンなど、大型トラックはもともと一千万円以上する高価な車であるため、売却をお考えになるときは、法人で利用していたトラックがほとんでしょう。そして、会社で使っていたトラックとしても、日々仕事で使っていた方には愛着があり、出来れば高額で買い取ってもらいたいと考えることが多いはずです。ですが年式が古かったり、走行距離が30万キロを超えていると、途端に買取査定額は下がることがあると言わざるを得ません。また、車検が切れてしまっていたり、トラブルを抱えていると売れないのではと不安になるかもしれませんが、たとえ古くてもトラック買い取り業者ではなく、廃品回収業者が部品を使いたいと考えている場合があるため、最後まであきらめずに売れないと思い込まずに、買い取ってくれる業者を探してみましょう。

また、日本人から見てどんなに古いものでも、海外では日本製は非常に人気が高く、東南アジアで再利用される場合もあるようです。日本製は質が高いことから商用で使っていたトラックだけではなく電車なども海外で利用されていることがあります。もちろん状態がよければよいほど買取金額は上がり、年式も新しいほうが買取に出したときの金額も大きくなるものですが、だからと言って「古いからどうせ売れないだろう」と放置するのではなく、「もしかしたらどこかで需要があるかもしれない」と買取査定に出されることをおすすめします。自社で不用品に見えてももしかしたらどこかで誰かが必要としているかもしれません。

トラックの買取のことならこちら

Leave a comment

Your email address will not be published.


*