トラック買取時に支払うことになる費用もある

トラック買取をすると、持ち主だった人には売買代金としてたくさんのお金が店側から支払われます。しかし、場合によっては持ち主側からトラック買取店側に費用の支払いが発生します。支払うとはいっても、持ち主が直接現金をわたすのではなく、査定価格から差し引かれる形にされる場合が多いです。トラック買取時に支払うことになる費用は、自賠責保険や自動車税の未払い分です。

自動車の売買契約では、これらは契約を結ぶ時点までに支払わなければならない分について完納されていることが前提となっています。自賠責保険は期間分の保険料を前払いする形式となっているため、未納期間が存在するということは未加入期間があることとほぼ同義です。有効な自賠責保険証明書を携帯しないまま車を運転するのは違法行為にあたり、そのまま取引をしてしまうと、やがて別のユーザーに購入されたときに未納の状態のまま使用されることになってしまいます。前所有者の自賠責保険の未納の責任を、新しい所有者がとるのは筋が通りません。

また、自動車税に未納の期間があると、車検を受けることができなかったり、廃車手続きができなかったりと様々な影響が出ます。未納の期間があるままで売却をしてしまうと、後々自動車税の件でトラブルに発展するおそれがあります。このようなことを防ぎ、新たな所有者が決まったときにトラブルなく使用してもらうために、売買契約書に未納の解消に関する内容が明記されています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*